ミソノの包丁と研ぎ方

ミソノの包丁と研ぎ方について


ミソノは、名人の職人が、伝統の技の上に新しい加工機械を使って先端技術を複合した加工方法を確立し、鋼やステンレスを中心とした金属材料に鍛造、形つくりや熱処理、研削、研磨加工など加工に高い技術のテクノロジーを誇る調理刃物の一貫生産メーカーです。

商品もとても豊富です。UX10シリーズには、三徳包丁、ペティナイフ、牛刀、筋引、骨スキ、三徳サーモン、牛刀サーモン、筋引サーモン、ペティサーモンなどがあります。

このUX10シリーズは、EUやスウェーデン製の高純度ピュアステンレス特殊鋼を使用されています。ミソノの古い伝統と新しい技術の複合から生まれたステンレス鋼包丁の最高峰と言われていて、愛用者がとても多いです。

また、440シリーズには、牛刀や三徳包丁、筋引、骨スキ、ペティナイフ、スライサー、洋包丁などがあります。この440シリーズは、一般によく使われている従来の13クロムステンレスより錆びにくいと言われています。さらに、より粘り強い16クロムステンレス鋼を使用されています。

プロのフォルムとプロの切れ味のより錆びにくいしかも研げる高品質のものですので、多くの料理人に愛用されている包丁となっています。440PHシリーズには、牛刀や三徳、筋引、ペティナイフ、骨スキがあります。この440PHシリーズは、ブレードはプロのフォルムで、プロの切れ味となっています。

また耐水性にも優れていて、しっかりとしたハンドルになっています。食器洗浄機で洗っても大丈夫な素材を使用されているのもとても便利です。さらに、モリブデン鋼シリーズには、牛刀や三徳、筋引、ペティナイフ、骨スキ、洋包丁、特殊庖丁、サーモン型などがあります。

モリブデン鋼シリーズは、切れ味をよくするモリブデンが入っています。ハイレベルの技術を駆使されていて、錆びにくく切れ味のさえるステンレス鋼包丁となっています。

そのほかにも、EU・スウェーデン製シリーズのハイカーボン高純度工具鋼を使用して、1本1本手打ち鍛造してつくり上げられた刃持ちの良さと鋭い切れ味を誇る研ぎやすいハガネ包丁もあります。こちらは、おなじみの龍模様や花模様入りもとても人気の商品となっています。

また、専門家のためのパフォーマーシリーズの特殊用途庖丁もあります。さらに、果物ナイフなども揃っています。また庖丁研ぎには、ミソノの砥石が最も適しています。ホームページから購入することもでき、とても便利です。

Copyright© 2014 包丁の研ぎについて All Rights Reserved.