包丁の正しい手入れ方法

包丁の正しい手入れ方法


包丁は料理を作る際に欠かせないキッチンツールです。良いものを用意していれば食材を切るのも簡単になり、料理時間の短縮にもつながります。しかしながら、キッチンツールは使ったらそのままケアをしない人も多くいます。メンテナンスを怠るとせっかくの良い包丁も徐々に性能が落ちてしまいます。末長く使うためにも、適切な手入れの方法を学んでおきましょう。
まずは日頃のお手入れについてです。使用した後は、時間をあけずにすぐ洗うのがベストです。食材に含まれる酸はサビを発生させる原因の1つでもあり、これを手早く落とすのは重要です。 台所用洗剤や粒子の細かいクレンザーを使うと汚れが良く落ちます。スポンジに洗剤やクレンザーを含ませて磨いていきます。最初に平らな部分を磨き、その後刃先部分へ移るのが正しい順番です。刃と柄の境目も洗うのを忘れてはいけません。なお、洗うのは必ず手洗いで行うのが一番です。食器洗い機だと手洗いよりもサビが出やすくなります。また他の食器と刃先が触
れて刃が欠けたり、熱で柄が変形する可能性もあります。
洗い終わったら水で良くすすぎ、直ちに乾いたふきんで水分を拭き取ります。刃と柄の境目部分までしっかりと拭くことでサビを発生しにくくし、柄が劣化することを防ぐ効果があります。湿気の少ない日陰に包丁立てを置き、風通しを良くして保管すると良いでしょう。水気を早く飛ばすために火であぶる方もいますが、これは間違った方法です。火であぶると切れ味が一気に悪化し、包丁の寿命を縮めてしまうことで知られています。そして普段は頻繁に使わない包丁は、表面に薄く植物油を塗っておくと効果的です。油分の膜によって刃先が水分にさらされず、長期間経ってもサビができにくくなります。
毎日のケアはサビ防止に大変有効ですが、包丁の切れ味をキープするためにも刃先を研ぐお手入れは重要です。切れない包丁は使いにくさが増すだけではなく危険性も高まります。月に1度程度は砥石で研ぐと、快適な切れ味が長持ちします。砥石は「中砥石」を選び、使う前に水につけて水分を吸わせておくとより効果が高まります。なお砥石を自分で用意する手間が面倒だったり、研ぐ技術に自信がない場合では専門家に依頼するという手段もあります。包丁の専門店では職人による研磨サービスを行っているところも多くあり、自宅から持ち込んで研磨を依頼することができます。有料でこそありますが、やはり自分で研ぐよりも抜群の切れ味が復活します。

Copyright© 2014 包丁の研ぎについて All Rights Reserved.