包丁のサビ取りについて

包丁の正しい手入れ方法


ステンレスではなく鋼の包丁の場合、サビは出てきますし、これは防ぐことが難しいことです。とくに、使い始めてからしばらくの間は、サビの発生がとても多くなります。そのため、使い初めの頃は、こまめにサビ取りをする必要があります。
サビ取りの手順は、まず包丁を水で濡らします。その後、粉末クレンザーか磨き砂をかけます。消しゴムの形をしているサビ取り用の道具か、もしくはワインのコルク栓を水で濡らします。サビとり用の道具はホームセンターなどで販売されています。このサビとり用の道具で、包丁の表面をゴシゴシと擦ります。両面の刃から綺麗にサビがとれるまで、擦りましょう。
その後、水で綺麗に洗ってサビを落とします。乾いたタオルでよく拭いて収納します。これを何度もくり返していくうちに、サビにくくなってくるのです。
但し、軽いサビではなく長く使ったことでかなりサビてしまった場合は、また別の方法をとります。サビとり用の道具やワインのコルク栓ではなく、荒砥石と耐水サンドペーパーを使います。まず、荒砥石で強いサビを落とします。次に、耐水性のあるサンドペーパーの中目を使って、ヤスリの傷をならします。最後に、目の細かいサンドペーパーでもう一度、綺麗に擦って仕上げます。
また、ステンレスの包丁の場合も、ほんの少しですがサビが発生することがあります。鋼と同じように新品の場合はサビやすくなります。その場合は、鋼の場合と同じように手入れをしましょう。
鋼の包丁の、露出している刃の部分は、このように手入れをすることが出来ます。しかし、隠れてしまっている柄の部分はメンテナンスはとても難しいです。業者に依頼をして、柄の取り外し、交換をすることになります。水周りで毎日使うものであるため、どうしてもサビは発生しやすいのです。とくに、柄の部分は隠れてしまっているため、気がつかないうちに経年劣化でサビていってしまう事があります。早めの処置をすれば補修が可能になる場合がありますので、早めに修理を申し込むようにしましょう。サビてきているかどうかを見分けるコツは、柄の部分の隙間です。柄の部分に隙間が出来てきている場合は、中でサビが進行している可能性があります。早めに修理に持ち込むようにしましょう。
このように、包丁のサビ取りは包丁の部分やサビ具合によって変わってきます。長く大切に使っていくためには、日頃のこまめな手入れがとても大切になります。

Copyright© 2014 包丁の研ぎについて All Rights Reserved.