包丁のさびを取る方法

包丁のさびを取る方法


包丁を使っていますとさびが出てしまいます。
いくら完全に乾かしてから収納していてできてもしまうのです。
これは空気中に含まれる湿気が原因なのですが、さびは包丁に色々な問題を引き起こしてしまいます。
まず切れ味を悪くしてしまうのです、さびは包丁の刃先の部分にもつきますが、これによってスムーズに切れなくなってしまうのです。
また繊細な料理をするときにこれがありますと金属の臭い食材に移ってしまいます。
せっかくの料理が台無しになるのです。
また細工をするような料理の場合は見た目に満たなくなります。
必ず見つけ次第すぐに取りのぞくようにしてください。
一番いいのは包丁の修理の専門業者などにもっていって錆を落としてもらうことです。
プロに任せますと見事なまでに光沢がよみがえります。
しかし自分でしたい場合でも方法があるのです。
まずは包丁を濡らしてから、クレンザーを満遍なかけます。そのあとに濡らしたコルクを使ってこするのです。これをしますとだんだんときれいに錆が落ちていきます。
そしてきれいに洗い流したあとには水を乾いたタオルできれいに取り除いてください。
そして完全に乾かしてから収納ポケットに入れるのです。
これでもまだ新品の包丁は錆びてしまうこともあるのですが、この作業を何度もすることによって安定してきますのでさびにくくなるのです。
ステンレスの包丁は基本的には錆びないとされていますが、完全にステンレスだけでできている包丁ではなく他の金属も入れているものもありますので錆びることもあります。
この場合も同じような手入れをしてください。
ただ柄の中の部分に関しては一般の方は手入れをすることができません。必ずこれに関しては業者の方でしてもらってください。
これもそのまま放置していますとサビによる腐食が進んでしまい、穴が開いてしまう可能性もあります。そうなりますともう修理できなくなってしまいますので気をつけてください。
柄の部分が開いてきており、錆がみえるようになってきたら必ずその時点で修理に出さなければいけません。
あと長い間使わない場合には新聞紙など入れて保管しておくようにしてください。新聞紙に入れておけば湿気を吸い取ってくれます。
また、保管する場所ですがキッチンのシンクの下ではなく天袋などに入れておいてください。
天袋でしたらシンクの下とは違いかなり湿気が少ないですので錆びる危険性が少なくなります。
これで手入れの回数を少なくできます。

Copyright© 2014 包丁の研ぎについて All Rights Reserved.